カフェイン 頭痛

MENU

コーヒーの飲み過ぎには注意!「カフェイン中毒」と「カフェイン依存症」

 

カフェイン中毒

カフェインは覚醒作用があることで広く知られており、眠気を覚ましたいときや集中したいときに、濃いブラックコーヒーを飲んだり、カフェイン入りの栄養ドリンクを飲んだりした経験のある方は多いでしょう。
最近ではレッドブルなどのエナジードリンクも、コンビニなどで手軽に買えるカフェイン飲料として若い世代を中心にとても人気があります。

 

適量の摂取であれば集中力や記憶力を高めるのに効果的なカフェインですが、摂り過ぎるとどうなるか知っていますか?

 

実はカフェインを一度に摂り過ぎてしまうと、なんと急性の「カフェイン中毒」になってしまう恐れがあるのです。

 

一般的な成人の方ですと、1時間以内に6.5mg/kg以上のカフェインを摂取した場合は約半数の人が、
3時間以内に17mg/kg以上のカフェインを摂取した場合には100%の人が急性症状を発症するというデータもあります。

 

6.5mg/kgというと、例えば体重が60kgの方なら390mgです。
この場合、ドリップコーヒー1杯(150ml)のカフェイン含有量は約105mgですから、体重60kgの人が1時間以内にコーヒーを4杯以上飲むとカフェイン中毒の危険があるという計算になります。

 

カフェイン中毒になると、以下のような症状が起こります。

 

・落ち着きがなくなる
・神経が過敏になる
・一時的な不眠
・不安感や焦燥感
などの精神症状

 

・瞳孔の拡大や顔面の紅潮
・心拍数の増加、不整脈
・動悸
・吐き気
・頭痛
・頻尿
などの身体症状

 

さらに重症化すると
・幻覚、幻聴
・パニック発作
・足がつるなどの痙攣
などを引き起こします。

 

また、カフェインの致死量(一度に摂取すると命に関わる量)は200mg/kgといわれており、体重50kgの人で計算すると10gになります。
通常このような大量のカフェインを一度に摂取することはまずあり得ませんが、カフェインの摂り過ぎは体に毒であるということをしっかりと知っておいてください。

 

カフェイン依存症

1日に何杯もコーヒーを飲む習慣のある方は要注意!
もしかしたら知らずのうちにカフェイン依存症になってしまっているかも・・・?

 

カフェイン依存症とは慢性的なカフェイン中毒のことで、常習的にカフェインを摂取している場合に起こります。
目安としては1日に250mg以上(ドリップコーヒーに換算すると1日に3杯程度)のカフェイン摂取で起こりやすく、人によってはもっと少ない量でも依存症の症状がみられることもあります。

 

カフェイン依存症になってしまうと、体がカフェインに依存した状態になり、体内からカフェインが無くなると頭痛がするなどの「離脱症状」が起こります。
離脱症状には頭痛の他に

 

・眠気
・疲労感
・発汗
・集中力の減退
・カフェイン摂取の渇望
などがあります。

 

また、カフェイン依存症になっている人には以下のような症状がみられます。
当てはまる項目が無いかチェックしてみてください。
もしひとつでも当てはまるなら、カフェイン依存症になっている可能性があります。

 

○イライラしやすい
○焦燥感がある
○不眠症
○頻尿
○頻脈
○顔面の紅潮

 

では、カフェイン依存症になってしまったらどうすれば良いのか?

 

カフェイン依存症はアルコール依存症などと比べて、治しやすいと言われています。
治し方としては特別な治療法は無く、カフェインの摂取をやめるというとてもシンプルなものです。
カフェインを断ってからは、頭痛などの禁断症状が出ますが通常は数日程度の短期間で治まります。