カフェイン 授乳中

MENU

ノンカフェイン

授乳中のカフェイン摂取

カフェインの母乳への影響

授乳期間中にカフェインを摂取した場合、赤ちゃんに影響はあるのでしょうか?
これはとても気になるところですよね。

 

お母さんが摂取したカフェインは、赤ちゃんも母乳を通して摂取することになります。
赤ちゃんの体は小さいですから、少量のカフェインでも、大人の何倍も影響を受けてしまいます。
その為、お母さんのカフェインの摂り過ぎは、
赤ちゃんが情緒不安定になったり、夜泣きを繰り返す原因となってしまうことがあります。

 

授乳期間中も、妊娠中と同じようにカフェインの摂り過ぎには気を付けましょう。

気持ちに余裕を

大切な我が子の為に大好きなコーヒーは我慢!と張り切ったのは良いけれど、それが原因でストレスに…
なんてことになってしまっては元も子もありません。
ストレスはお母さんにも、赤ちゃんにも悪影響です。

 

一日に1〜2杯のコーヒーを楽しむ程度であれば、母乳への影響は気にする必要は無いでしょう。

 

どうしても気になるようであれば、コーヒーを飲むタイミングを授乳後にしてみると良いでしょう。
数時間空けることで、母乳への影響をだいぶ抑えることができると考えられます。

ノンカフェインのコーヒーでほっと一息

子育て中のお母さんにとって、食後のコーヒーは、大切なリラックスタイムですよね。

 

もしカフェインの影響が気になるようであれば、ノンカフェインのものへ切り替えることをオススメします。
ノンカフェインのコーヒーであれば、母乳への影響を気にすることなく楽しむことができます。

 

最近ではノンカフェインのコーヒーや紅茶を取り扱うお店はとても増えています。
近くに売っているお店が無くても、インターネットを使えば通販サイトなどで簡単に手に入れることができます。

 

たくさんの種類の商品が出ているので、口コミサイトなどを上手く活用して、自分に合ったものを見つけましょう。