ノンカフェイン 妊婦

MENU

ノンカフェイン

ノンカフェイン

  ノンカフェイン飲料とは

 

カフェインが含まれていない、またはカフェインを取り除く処理を施したコーヒーや紅茶、お茶のことをいいます。

 

もともと入っていたカフェインを取り除いて、ほぼゼロにしたデカフェと呼ばれるコーヒーや、
コーヒー豆を使わず、たんぽぽの根からつくられたカフェインゼロのたんぽぽコーヒー
カフェインが含まれていない茶葉以外の原料を使用したお茶など(黒豆茶杜仲茶ルイボスティーなど)
たくさんの種類があります。

 

 

たんぽぽコーヒー

妊娠中のママや、母乳で育てたいママにおすすめしたいのがこちら!
ノンカフェインコーヒーの定番、たんぽぽコーヒーの「ぽぽたん」です。
ぽぽたんは原料であるたんぽぽの根っこを焙煎して作られており、コーヒーそっくりの味わいなのにカフェインゼロ!
血行を促進して体を温めてくれるので、母乳の出も良くなると評判です♪

 

ノンカフェイン

 

 

ルイボスティー

妊活中の方におすすめのノンカフェインティーがこちら!
美容茶やダイエット茶としてもおなじみのルイボスティーです。
ルイボスティーは、ルイボスという南アフリカのセダルバーグ山脈一帯にのみ自生するマメ科の植物の葉を醗酵乾燥させて作られています。
セダルバーグ山脈一帯は気温差が激しく乾燥した気候で、ルイボスはこの厳しい環境に耐えるために大地に深く根を張って豊富なミネラルを蓄えています。
そんなルイボスから作られたルイボスティーは、豊富で優れたミネラルバランスと高い抗酸化作用が特長です♪

 

ノンカフェイン

 

 

他にもいろいろ☆妊婦さんでも安心のおすすめノンカフェイン茶
→詳細はこちら♪

 

“妊娠中でもカフェインを気にすることなくティータイムを楽しみたい”
という妊婦さんはもちろんのこと、
・健康維持のためにカフェインの摂取を控えたい
・飲み物で手軽にミネラル補給をしたい
・家族の健康を考えてノンカフェインのお茶を家の常備茶にしたい
などの理由から、近年では老若男女を問わず幅広い世代から、ノンカフェイン飲料への関心・需要は高まっています。

 

ノンカフェイン

  妊娠中のカフェイン摂取

 

「妊婦さんはカフェインを摂らないほうが良い」という話はよく耳にしますよね。

 

では、なぜカフェインを摂ってはいけないのか知っていますか?

 

カフェインといえば覚醒作用があることで広く知られています。
この効果を利用して、眠気を防止する目的でつくられた栄養ドリンクやエナジードリンクなどには、多くのカフェインが入っており、
コンビニエンスストアなどで手軽に買えることもあって、特に若い人達の間ではとても人気があります。

 

一時的に集中力を高めたり、ダイエットにも効果があったりと少量であれば体に良い効果も期待できるカフェインですが、
多量の摂取は不眠の原因になったり、精神が不安定になったり、カフェイン中毒を引き起こしてしまったりと、体に深刻な影響を及ぼします。

 

カフェインの致死量(一度に摂取すると命に関わる量)は200mg/kgといわれており、体重50kgの人で計算すると10gになります。

 

10gというと、インスタントコーヒーで言えば約100〜150杯分に相当しますので、もちろん一度に10gものカフェインを摂ることは通常有り得ませんが、そこまでいかなくとも多量のカフェイン摂取が体に悪いのは言うまでもありません。

 

では妊婦さんのカフェイン摂取による体への影響はどうでしょうか。

 

妊娠中に摂取したカフェインは、胎盤を通して胎児に送られますが、胎児の内蔵は未熟なため、カフェインを分解・排出しきれません。
その結果胎児の体に大きな負担をかけることになってしまうのです。

 

カフェインの摂取量が一日300mg以上の妊婦は、全く摂取していない妊婦と比べると
流産のリスクが2倍に上昇するという研究報告もあるようです。

 

さらに最近の研究では、妊娠中のカフェイン摂取と小児白血病の関係も指摘されています。(※詳しくは→コチラで解説しています)

 

以上のことから、妊娠中はカフェイン摂取を控えるべきであるということがわかります。

カフェインはどんな物に含まれているの?

 

カフェイン

カフェインはコーヒーや紅茶、お茶だけでなく

いろいろな食べ物や飲み物
例えばココアやチョコレート、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれています。

 

これら一つ一つのカフェイン含有量を見てみると
大した数値ではないと思うかもしれませんが
一つ一つは少量であっても、まとめて摂取すれば当然大きな数値になります。

 

少量の摂取ならば、お腹の赤ちゃんへの影響を心配する必要はありませんが
知らないうちに大量のカフェインをとってしまっていた、なんてことの無いように
どんなものにカフェインが入っているのか事前にきちんと知っておくことが大切です。
例えば冷蔵庫に常備しているお茶をノンカフェインのものにしてみるなど
ちょっとした工夫でカフェインの摂取量を大幅に減らすことができます。

 

妊婦さんの一日のカフェイン摂取量の目安は約100mgまでとなっています。